FC2ブログ
サイト移転しました。ここは過去製作物置き場です。

E4UA跡地

SONY PHA-3用変換ケーブル XLR4P XLR3Px2 2.5mmφ4P | main | SENNHEISER HD8DJ 購入, ケーブル・バランスアンプ製作
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Walkman WM-PORT ドックケーブルの製作
自分用ではありますが、WM-PORTのドックケーブルの作り方を書いてみます。

今回はHot側にアムトランスの0.4mmOFC金メッキ単線、GNDに
0.4mm4N純銀単線を使い丸四つ編みしました。スミチューブVで
埃の侵入を防ぎ、外装の編組チューブは3φPETモノフィラメントタイプ
です。

IMGA0628_20141005134929e2e.jpg
オヤイデのドックコネクタキットを使います。
内部基板は可能な限り短く切り飛ばしておき、線材を半田付け、
編組チューブが必要な場合は通しておきます。
内部基板を切り飛ばすのは、WM-PORTの燐青銅端子に直接
線材を接触させて半田付けしたい想いもあります。間に別な銅を
挟みたくありませんでしたので。

IMGA0630.jpg
エポキシパテを適量練って、適当にくっつけます。
なるべく短いプラグボディにしたいので、たっぷり練る
必要もありません。

IMGA0631.jpg
プラグ肩になる部分は逆Rですのでこの部分の形成を
メインに考えて、薄くなりすぎないように適当に整えて
固化を待ちます。

IMGA0632_20141005134926630.jpg
軽く固化したら荒っぽく要らない部分を取っておきます。
完璧に固化するとこの作業は難しく、ヤスリでの削り作業で
全てをやらないといけないので、この時間は貴重です。

IMGA0637_20141005134925b29.jpg
ペーパーで最終的な形に整えます。
240番で荒削りし、400番で綺麗にすると良いと思いますが
自分用ですしどうせ収縮チューブで見えなくなるので240番
だけでも十分な気もします。
肩はなで肩にすると抜く時に力が入りにくくなるので、角は
落とさない方が良いと思います。

IMGA0639_20141005134938cce.jpg
収縮チューブで体裁を整えます。
WM-PORTにぴったりな収縮チューブは12mmのもので、今回は
たっぷり縮んでくれる必要があるので3:1タイプ(スミチューブB2)
を使います。以前買っていた12/4サイズのものがぴったりでした。
オヤイデで売ってます。

IMGA0641.jpg
収縮させて、元々付属のコネクタカバーと比較しました。
かなり短縮できました。

IMGA0643_201410051349418a1.jpg
本当はこれぐらいの長さが、Walkmanのサイズからしても
普通のように思うのですが・・
まぁコネクタキットを売ってくれるだけでも十分ありがたいですね。



IMGA0687_201410051349429d9.jpg
左は最初に作った銀&銀のもので、3.5mmプラグはクロームメッキ
ボディのものを使いました。
右は今回作った金&銀のもので、3.5mmプラグボディを金メッキのもの
にして区別しやすくしました。

音の傾向は分かりやすく、微細な高域をさらっと流す銀、ふくよかな低域
の金で、気分によって使い分けができます。
関連記事

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

| 変換プラグ・ケーブル | 14:25 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://e4ua.blog.fc2.com/tb.php/320-446f1ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

ifooo

Author:ifooo
色々物作りが好きなんですが、中でも半田付け工作が好きです。プログラミングはできない性質なので、PICやAVRなどはあまり触った事がないのですが、できるところまでアナログ回路で。
手先をこちょこちょ動かしてるのが好きです。


最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。